生物

【地球最速】世界最速の鳥ランキングTOP10

投稿日:

飛行速度の高い鳥ランキングというと必ず上位に君臨するのがハヤブサ。しかし実はハヤブサが時速300kmを優に超す高速を出せるのは眼下に獲物を見つけて急速下降する時のみで、水平飛行の速度はおよそ96kmと決して遅くはないのですが極端に速いというわけではないのです。

ハヤブサが下降する姿はまさにミサイルのようで非常にかっこいいのですが、純粋に水平に飛ぶスピードが速い鳥とはどんな種類なのかも気になりますよね。この記事では、水平飛行時のみに絞って飛行速度の高い鳥を10位から1位まで紹介していきます。

 

10位 ハチドリ 114km(最高速度)

世界最小の鳥として知られるハチドリは、鳥の中で唯一後ろ向きに飛行することができることでも知られます。また羽ばたきながら空中の一点に留まるというホバリングも可能で、通常でも時速90km~100kmで飛行することが可能です。

このような様々な飛行テクニックを持つハチドリにはいくつかの特徴があります。まず体の機能では体重との割合では鳥の中で最大の心臓を持ち、飛行中の心拍数は毎分1200回を超すとされ、肺は毎分250回以上の呼吸を処理し極めて高濃度の赤血球が酸素を筋肉に運ぶことが可能です。

またハチドリのようなごくちいさな温血動物は外からエネルギーを補い続ける必要があるため、自分の体重以上の花の蜜を摂取する必要があるのですが、僅かな量でもそのうに蓄えてしまうと動くことができなくなってしまうので、胃に空きができたらすぐに食事をして常に胃袋を満タンにしておく必要があります。

そのため餌場に対する執着が顕著で、ハチドリは可愛らしい外見からは想像ができないような激しい争いを繰り広げます。互いに体当たりを繰り返して叩き落し、更に地上で爪を立てて組み合い、どちらかがボロボロになるまで小競り合いは続くのです。

この姿に感銘を受けた古代アステカ人はハチドリを戦の神になぞらえ、戦いの中で死んだ戦士はハチドリとして生まれ変わると信じられていました。

 

9位 ハシブトウミガラス 120km

北極海周辺に生息するハシブトウミガラスは黒い背中に白い腹部、太くて短い羽とペンギンのような外見をしており、飛ぶことよりも泳ぐことを得意とするチドリ目の海鳥です。

水中でタラやカレイ、カジカなどの魚を捕えるために翼を羽ばたかせて潜水し、潜水深度は最高で220mの記録を持ち、連続潜水時間も3.7分という記録を持ちます。

しかし長距離を飛ぶことはありませんが、営巣地である岩場や崖から短い羽と足を広げて飛び降りてくる姿は不格好なものの意外なことに時速120kmで飛行することが確認されており、姿の似ているペンギンとは異なる体の構造をしていることがうかがえます。

とは言え、これは相当頑張って飛行した結果であってハシブトウミガラスが飛行の際に使うエネルギーは一般的な鳥類の平均を大幅に上回ることが判明しており、明らかに効率の悪い移動方法であると言えるでしょう。

そのため、今後進化していく過程でペンギンのように飛翔能力を切り捨てる可能性があるとも考えられています。

 

9位 マガン 120km

マガンは全長72cm、翼開長1.4mという大型の水鳥。カナダやアラスカで繁殖期を過ごしたのちに日本や朝鮮半島に越冬のため飛来する冬鳥です。

渡りの時期には家族単位で集まってV字型の隊列を組んで飛行する姿が知られるガンですが、このV字飛行は群れ全体の体力を温存するためのものであり、斜め前方を飛ぶ鳥の気流が後ろにいる鳥の飛行を助け、少ないエネルギーで飛ぶことを可能にしているのです。

そのため、人間の眼には隊列の先端にいるガンがリーダー(家長)で、そのリーダーが決めた進路に従って飛んでいるように見えますが、実際は先頭を飛ぶ個体は入れ替わっていて、群れにいる全羽が体力を温存してはぐれたり遅れたりすることがなく目的地にたどり着けるように協力しているという調査結果が出ています。

 

8位 ウミアイサ 129km

ウミアイサはカモ目カモ科に分類される水鳥で、カモの仲間の中では細長い体と長い首、長いクチバシを持ち、足の位置も体の後方についているという外見的特徴を持ちます。

この体の構造は魚だけを餌にするという食性を持つため体ごと海に潜水ができるように進化した結果で、足の力のみで水に潜ることが可能です。またウミアイサの長いクチバシの内側はノコギリの歯のような小さな突起が並んでおり、捕えた獲物を逃さないようになっています。

飛翔能力よりも潜水能力に優れた種ですが、1960年にアラスカの北極調査センターで時速128kmで飛行していた低空偵察機を追い越していったという記録があるため、少なくとも時速128km以上で飛ぶことができると考えられています。

 

7位 オオグンカンドリ 154km

翼開長2m30cmにも及ぶ巨大なカツオドリの仲間、オオグンカンドリは真っ黒な体と赤い喉の袋、鉤爪のような鋭いクチバシが特徴です。

太平洋やインド洋の熱帯、亜熱帯の海域に分布し、日本でも台風の後などに稀に迷い鳥として姿を見ることができます。海鳥でありながら羽に撥水性は無く、トビウオやイカを主食にしているものの潜水は苦手です。

そのため餌は自分で獲るよりも横取りがメインで、カツオドリなど他の鳥が獲った獲物を空中で取り上げるという習性を持ち、軍艦という名前も黒く巨大な体躯とこの習性からきたと言われています。

水平飛行も得意ですが急降下や急浮上といった動きも得意とし、降下の際には時速418kmという超高速を出すことが可能です。これはハヤブサを抑えて2018年現在、全ての鳥の中で最速の記録とも言われています。

また、オオグンカンドリはその巨体に反して少ないエネルギー消費で長距離を移動できるのですが、気流を利用することで羽ばたく回数を上手に減らしているということが近年の調査で明らかになりました。

餌を捕る時以外は羽ばたく必要のない高度に留まり、上昇気流に乗って一気に1600mまで上がり、そこから下降して通常飛行体制に入り、横風を利用して速度を上げる、といったように風を利用する方法を心得ているために高い飛行速度が出せるのです。

 

6位 アホウドリ 160km

一生のうちの95%の時間を外洋の上空で過ごすと言われるアホウドリは、少なく見積もっても生涯で600万km以上を旅する鳥です。これは地球から月まで8往復する距離に相当し、地球上のどの動物よりも長い渡りを行います。

追い風に乗って飛ぶことを得意とするアホウドリは、なんと腹をすかせた雛鳥に餌を獲りに行くためだけに営巣地の太平洋に浮かぶ島からアラスカまで3000kmを日常的に移動するのです。

このように常に空中を漂っているアホウドリは、半球睡眠と呼ばれる脳の半分を休ませることで睡眠と同じ効果を得る能力を持つ他に、肩関節を固定する特殊な腱を持つために翼を伸ばした状態を保つのにエネルギーを使用しないという特性を持ちます。

1日の大半を移動することに費やす生活は子育て中であっても変わらないため、孵化した雛は餌をもらう以外の時間はたった1羽で巣の中で過ごさなければいけません。やがて9ヶ月もの間孤独に周りを眺めて過ごした雛は自分の判断で巣立ちの時期を決めて、誰にも教えられることなく翼を広げて海に飛び立って行くのです。

そして、そこからおよそ6年もの間たった1羽で漂白の生活を続けた後にアホウドリは番を見つけて、その相手と生涯を共にするとされています。

歩くことが苦手で人間に対する警戒心薄いことから間の抜けたイメージを持たれて、阿呆っぽいから“アホウドリ”という酷い名前を付けられてしまっていますが、実はとても力強くてロマンチックな生態を持つ鳥なのです。

 

5位 ハト 177km

ハトは鶏に先駆けて遅くとも5000年以上前には人間に家畜化されていたという歴史を持ち、紀元前1000年にはエジプト人が伝書鳩を訓練していたという歴史があります。

使役は民間での通信だけではなく、チンギス・ハンやユリウス・カエサル、ナポレオンといった権力者たちも長距離の情報伝達に鳩を使っており、無線が発達していた第二次世界大戦時にも無線封鎖が要求された場合に備えて25万羽の鳩がイギリス軍によって使用されたという記録も残っており、鳩の飛行能力の高さがどれだけ評価されていたかがうかがえます。

このように重要な局面で通信の役割を果たしてきた鳩ですが、飛行以外に持つ高い能力が情報処理能力です。レース用の個体中には3000kmも離れた場所に放たれても帰宅したものも存在し、鳩は鳥の中でも優れた帰巣本能を持ちます。

鳩がどのように情報を処理しながら目的地への道を選べるのかについてはこれまで、往路で麻酔で意識を失わせた個体が無事に家に辿り着けるのか?磁場を変化させる仕掛けをしたケージに入れて輸送した個体が巣に戻れるのか?といったように様々な実験が行われました。

しかし、どうのような場合でも鳩たちは巣に戻ってくることが確認されていることから、視覚、聴覚など他の生物が頼りにしているものとは全く別の感覚で情報の処理をしている可能性が示唆されており、現在も研究が続けられています。

 

4位 ツバメ 200km(最高記録)

市街地でも見ることが可能なツバメは、身近な野鳥の中では最も空中での生活に適応した体のつくりをしています。日本には3月~4月に飛来する夏鳥で、繁殖期を経て秋になると越冬地のフィリピンやマレーシアへと渡っていきます。

通常は40km~50kmの速度で移動をするツバメですが、この渡りの時期には中継地点となる場所に餌を求めるハヤブサやワシなどの猛禽類も集まってくるため、全力で逃げ切らなければいけない場面も出てきます。そして、この時に計測された最高記録が時速200kmとされているのです。

ツバメと言えば燕尾服の語源にもなっている長い尾を持つスマートな体が特徴ですが、ヨーロッパで行われた研究では尾の長い雄ほど雌にモテる=子孫を残せるという結果が出ており、どんどん尾羽が長く進化していったとされています。

毎年同じ相手と待ち合わせをし、巣作りをして子育てを行うという仲睦まじいツバメの夫婦ですが、稀に雌が番の雄よりも尾羽の長い雄との間に雛をつくり、番の雄との間に産まれた雛とともに育てる姿が見られるそうです。しかし、どういう訳かこの不貞行為はあっさり雄に見抜かれることが多く、他の雄との間に産まれた雛を巣から落として殺してしまうことが多いそうです。

 

3位 ハゲワシ 208km

ユーラシア大陸に生息する屍肉食性を持つタカ科の総称がハゲワシです。ハゲワシに分類される鳥がなぜ文字通り頭部の毛が無いかというと、死骸を漁る際に首を突っ込むことがあるため、血で汚れることを防いでスムーズに食事ができるように進化した結果であると考えられています。

ハゲワシの仲間は嗅覚ではなく視覚で獲物を見つけ、空高く飛びながら動物の死骸を探し、獲物を見つけると急降下をして群がるのです。

屍肉を漁る、ライオンなどの他の肉食動物が食べ残した獲物のおこぼれをもらうといった印象から、狩りをする姿が格好良い猛禽類の中では人気がない部類に入るハゲワシですが、このように屍肉を食べるスカベンジャーと呼ばれる生物は生態系の中では重要な役割を果たしています。

放置しておけば腐敗する一方の屍肉を素早く掃除し有機物の分解や再利用を行うスカベンジャー達は、腐った肉を消化できるように独特の体質を持ちます。

ハゲワシの胃酸のpHは、なんと金属を溶かすことができる程腐食性が高く、腐肉に存在する病原菌を体内で殺すことができます。また尿の中にも強力な酸が含まれるため、ハゲワシが排泄にはサルモネラ菌やボツリヌス菌といった病原菌を消毒する作用もあるのです。

このように自然の掃除屋としての役割を果たしているハゲワシですが、2018年現在はアフリカに生息する6種やインドハゲワシなど絶滅が懸念されている種が多くあります。

特にインドではゾロアスター教徒に鳥葬の習慣があり遺体の処理の役目をインドハゲワシが担っていたため、ハゲワシの個体数が激減したことで葬儀が滞るという弊害も出てきているそうです。

 

2位 イヌワシ 240km

北アメリカ最大の猛禽類でありメキシコの国鳥でもあるイヌワシは、日本でも山岳部などの限られた場所で姿を見ることができる狩猟の名手です。

狩りは開けた草原や伐採地などで行い、ノウサギやリスなどの小動物や爬虫類、鳥類、時には鹿などの大型の草食動物を襲うことさえあります。自分より大きな獲物を捕らえた場合は、ある程度の高さまで飛翔した後に地面に叩きつけて気絶させてから食べる、といったように身体能力に加えて、獲物によって狩りの方法を工夫する知能の高さも持ち合わせています。

生態系の頂点に立つ強者であるイヌワシですが、成鳥になる個体が少ないため現生する個体数は決して多くはありません。幼鳥が死んでしまう原因の一つとして挙げられるのが兄弟殺しです。

特に日本のイヌワシは1度の出産で大抵2個の卵を産むのですが、先に孵化した雛が後から産まれた雛をつついて殺してしまうためこの時点で生存率は50%になってしまうのです。獲物が豊富な土地ではこのような兄弟殺しの習性は見られないため、食べ物の量が関係しているのではないかと推測されています。

 

1位 ハリオアマツバメ 350km(正確な記録では170km)

1位に輝いた鳥は水平飛行で最も速い鳥としてギネスブックにも登録されたハリオアマツバメです。

ハリオアマツバメは全長19cm~21cm、翼開長50cm~53cmと身近な田町の中ではムクドリと同一程度の大きさで、モンゴル北部や東シベリア、ヒマラヤで繁殖し、冬にはニューギニアやオーストラリアへと移動する渡り鳥です。また、日本でも本州に夏鳥として渡来することがあります。

鳥の中で最も飛ぶことが上手いとされているのがアマツバメの仲間です。交尾さえ空中で行うというアマツバメは翼の使い方が非常に巧みで、低空で滑降する時や旋回をする時など減速する際には翼を横に広げ、高速滑空する際には翼を後方に曲げて空気の抵抗を減らすといったように滑らかに翼の形状を変化させます。

人間の上腕にあたる部位が極端に短く、その代わりに翼の後方にある風切羽の面積を増やすことで柔軟な動きができるのです。

岩場や滝の裏側と言った過酷な環境に営巣をする種もあり、その飛行能力を活かして餌となる昆虫を求めて轟音とどろく滝の中に突進していく姿が見られることもあります。普通の鳥であれば飲み込まれてしまうような滝にも負けることなく、高速で水をはじき返すことが可能なのです。

またアマツバメ類の尾羽の先からは針のように羽軸が突き出しており、この羽軸と4本とも前向きについた足指を使って岩場などにしがみつくことができます。変わった形状の羽軸は飛行能力をあげるために短く退化した足の機能を補うために、独特な進化をしたと考えられているのです。

 

まとめ

鳥類の飛行速度はたまたま飛行に立ち会った際の様子から時速を予測したものなども多く、実際のところは正確さや信ぴょう性のあるデータというのは少ないそうです。

実際にギネスブックにまで登録されたハリオアマツバメの時速350kmという記録にも疑問視する声があがっており、ハトなどの家畜化された種以外の速度の計測は非常に難しいのだとか。

しかし、水平飛行の速度が速い鳥の多くは渡り鳥であるというのは他の生物にはあまり見られない長距離移動を定期的に行う種ならではのタフさが感じられますね。




-生物
-

Copyright© 雑学ミステリー , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.