事件 社会

世界最悪の毒殺事件ランキングTOP10(被害者数)

刃物や鈍器などの凶器を使ったり、直接絞め殺したりと、人を殺すための方法は数多くあります。

中でも毒物は屈強な男性でなくとも容易に人を殺めることができます。

そのため歴史的に見ても、多くの人が毒物を使って人を殺したり、殺人によって自分の目的を叶えてきました。

今回は、そんな世界の毒殺事件を被害者数でランキングにしました。

 

10位:パラコート連続毒殺事件(13人)

引用元:https://phys.org/news/

パラコート連続毒殺事件は1985年4月30日から11月17日の、およそ半年の間に日本各地で発生した毒殺事件です。

自動販売機の飲料取り出し口に除草剤として利用されるパラコートを混入させた飲料を置いておくことで、置き忘れと勘違いして口にした人に毒物を飲ませるという事件です。

1977年に起きた、同様の手口で毒物を混入させた青酸コーラ殺人事件の教訓を活かし、都市部では現在のように蓋を開けるとリング状の封印が千切れて開封が分かるようになっていました。

そのためパラコート連続毒殺事件では、まだ更新の追いついていない郊外で多く発見しました。

パラコート(パラクアット)は1978年に毒物に指定された薬品であり、飲むと嘔吐や喉の痛み、肝腎機能、および「パラコート肺」と呼ばれる独自の肺線維症にかかり、死に至ります。

この連続毒殺事件では半年ほどで、模倣犯のものと思われるものも含めて34件も発生し、そのうち13人が死亡しました。

当時パラコートは18歳以上で印鑑さえあれば購入することができましたが、この事件以後、その毒性の強さを危惧して各所で規制が強まり、今では製造が中止、除草剤としてのシェアはなくなっています。

しかし依然、国内での農薬中毒の少なくない割合をパラコートは占めています。

 

9位:地下鉄サリン事件(13人)

引用元:https://www.iza.ne.jp/

1995年3月20日、オウム真理教は帝都高速度交通営団(現在の東京メトロ)の丸ノ内線、日比谷線、千代田線の3つの路線を走る5つの地下鉄車両に「サリン」という危険な化学物質を散布しました。

それが地下鉄サリン事件です。

事件の正式名称としては「地下鉄駅構内毒物使用多数殺人事件」、英語では「Tokyo Attack」と言います。

「坂本堤弁護士一家殺人事件」、「松本サリン事件」と共に「3大オウム事件」のひとつに数えられています。

サリンは1938年に当時のナチスドイツで開発された殺傷性の高い神経ガスで、縮瞳、嘔吐、下痢、頭痛などの症状が表れ、心肺停止によって死亡します。

当時、オウム真理教の指導者である麻原彰晃(松本智津夫)は「ヴァジラヤーナ」と言う方針を定め、教団の重武装化や細菌兵器などの開発などを進めていました。

地下鉄サリン事件は大都市、公共交通機関に無差別に化学兵器が使用された初めてのケースです。

当時は通勤時間帯で多くの人が電車に乗っていたうえ、駅員や車掌、更に初動で装備が不十分なまま乗り込んだ警察官までもが被害に遭っており、死者こそ13人でしたが負傷者は6300人以上も記録しています。

そのうえ事件の被害者や目撃者の中にはパニック状態の車内や凄惨な被害者などを目撃することで、現在もPTSD(心的外傷後ストレス障害)を患っている人もいます。

 

8位:メアリー・アン・コットン(21人)

引用元:https://www.chroniclelive.co.uk/

17世紀のイギリスで、メアリー・アン・コットンという女性の周辺で不可解な死が相次ぎました。

彼女と結婚したウィリアム・モーブレーとジョージ・ウォード、ジェームズ・ロビンソン、フレデリック・コットンという4人の夫や夫の家族、その間に設けた子どもが次々と亡くなっていくのです。

しかも皆が胃腸の障害などが原因で死亡しており、メアリーは夫が亡くなるたびに生命保険を受け取っています。

4人目の夫であるフレデリック・コットンとメアリーが結婚した後、わずか1年足らずでフレデリックはもちろんメアリーの前夫との連れ子、フレデリックの姉、フレデリックとの間の子、更には下宿人であったジョセフ・ナトラスが次々と死亡し、メアリー以外の一家が全滅してしまいました。

そこで警察がいぶかしんで捜査を進めたところ、遺体から砒素が検出されたことでメアリーによる連続毒殺が判明しました。

メアリーは同様の手口で推定21人、最低でも14、5人を殺害した、イギリスでも最悪の連続殺人鬼です。

彼女が社会に与えた反響は大きく、今でも「Mary Ann Cotton」という戯れ歌がイギリスで歌われています。

 

7位:ヘヴンズゲート事件(39人)

引用元:https://thoseconspiracyguys.com/

ヘヴンズゲート事件は正確には毒殺事件ではなく、カルト宗教団体による毒物を使った集団自殺です。

ヘヴンズゲートはマーシャル・アップルホワイトとボニー・ネトルスという人物が1970年代に創始した宗教団体です。

アップルホワイトは古代宇宙飛行士説などのオカルトに傾倒しており、ヘヴンズゲートも当時のニューエイジ運動同様黙示録や進化論、グノーシス主義やSF小説などを混交した教義を採用していました。

1985年に共同創始者であるネトルズが死亡した後、アップルホワイトは禁欲や魂の救済などの教義を強化していきます。

そして1996年、ヘール・ポップ彗星の接近に伴い、この彗星の後に信者を地球から退去させる船が来るとアップルホワイトは主張し、翌1997年3月22日ごろに信者38人と共に自殺しました。

彼らはフェノバルビタールという睡眠薬を服用して、ビニール袋を被ることで窒息死しています。

 

6位:ジェニーン・ジョーンズ(60人以上)

引用元:https://allthatsinteresting.com/

ジェニーン・ジョーンズは1970年代から1980年代にかけて自身が担当した60人以上の乳幼児を殺害した准看護師です。

いわゆる「ヘルスケア・シリアルキラー(医療連続殺人犯)」のひとりで、ジェニーンはジゴキシンやヘパリンなどの薬品を注射することで乳幼児を殺めています。

ジェニーンは高校を卒業後に准看護師としての仕事を始めますが、仕事が雑でしばしば職域を超えるような判断をしがちということで病院を転々としています。

一方で薬品などへの関心が高く、その知識を殺害に活かしたのではないかと考えられます。

彼女による犠牲者の数は定かではなく、起訴されたのは2件のみとなっていますが、その犠牲者数は60人以上にも上ると推定されています。

これは新たな事件の発覚を恐れた病院側が医療記録などを破棄したためだと言われています。

2017年には当時の囚人数対策として考案された「模範囚として1日過ごせば、そうでない囚人の3日分刑期を過ごしたことになる」という規則にのっとってジェニーンが釈放されるおそれがありましたが、検察が別の事件を起訴することで釈放を免れるという事態も起きました。

 

5位:マリア・スワネンブルク(90人以上)

引用元:https://anomalien.com/

マリア・スワネンブルクは19世紀のオランダで毒殺を繰り返した連続殺人鬼です。

オランダ南部のライデンという街で生まれ、ヨハネス・ファン・デル・リンデンという男性と結婚して赤子や老人、病人などの世話をしていました。

その献身的な姿勢からマリアは「Goeie mie(よき自分)」と呼ばれましたが、その影で砒素を用いて連続毒殺をしていました。

彼女は最初に自身の両親を殺害し、保険金や遺産を目当てに少なくとも102人もの人物に砒素を盛ったと言われます。

亡くなったのは23人、更にマリアが関わった人物の中に90人以上が不審な死を遂げており、40人以上に障害が残されました。

日本での知名度はありませんが、オランダでは彼女の知名度は高く、マリアの名前を使ったジンやベーグルなどが販売されています。

 

4位:ジョン・ボドキン・アダムス(163人)

引用元:https://www.bbc.com/

1957年、アイルランドの開業医であるジョン・ボドキン・アダムスが自身の受け持った患者であるガートルード・ハレットを殺害した疑いで公判にかけられました。

他にも1946年から1956年までの10年間で、ジョンの受け持った患者は163人も亡くなっており、しかもそのうち132人がジョンに金品を遺贈しています。

ガートルードもジョンにロールスロイスや1000ドルの小切手を手渡した直後に昏睡状態に陥り、そのまま息を引き取っています。

このような背景があったためジョンの公判はアイルランド国内で大きな注目を集め、「史上最大の殺人事件の公判のひとつ」、「世紀の殺人事件の公判」などと言われました。

ガートルード殺害の件は「訴権の濫用」を理由に無罪放免となり、ジョンはその後に名誉毀損罪で逆に訴訟を起こしています。

ジョンの公判は、後に緩和医療の分野で苦痛を緩和するための治療をするために守るべき「二重の結果の原則」という原則の確立を導くような法的な議論を呼んでいます。

ただ、ジョンは実は評判のいい医師ではありませんでした。

実際に訴えられたようにモルヒネやバルビツール酸塩を用いて患者を殺害したかどうかは不明ですが、担当した患者に自身へ金品を遺贈するよう強要したり、自分にとって都合のいい遺言書を書かせるなどの行為を繰り返したとは言われています。

そのためガートルードの件以前にも「ジョンの右のポケットにはモルヒネの小瓶が、左のポケットには白紙の遺言状が入っている」と揶揄されていました。

現在ではジョンの無罪は誤りであり、160人以上の患者を実際に手にかけたと考える人も表れています。

 

3位:モスクワ劇場占拠事件(171人)

引用元:https://www.rferl.org/

2002年10月23日、チェチェン共和国の独立を訴える42名の過激派武装勢力がロシア連邦・モスクワ中央部のドゥブロフカにある「ドゥブロフカ・ミュージアム」という劇場を占拠し、中にいた観客922名を人質に取りました。

過激派武装勢力のトップであるモブサール・バラエフはロシアに対して、第二次チェチェン紛争においてロシア軍のチェチェンからの即時撤退を要求し、もし1週間以内になされない場合は人質を殺害、自分たちも劇場にしかけた爆弾で自爆するとしました。

子どもやイスラム教徒、妊婦や海外からの観光客、病人など100人ほどは即座に解放されましたが、それでも800人ほどが人質として劇場内に監禁されています。

ロシア政府は表向き過激派との交渉を行う方針としていましたが、チェチェンから撤退する意志はまったくなく、裏では特殊部隊を使っての解放作戦を立案していました。

しかしドゥブロフカ・ミュージアムは構造上、人質のいるホールにたどり着くまでに30メートルもの廊下や過激派によって封鎖された階段を渡る必要がありました。

そのため正攻法では特殊部隊や人質に大きな犠牲を出してしまうおそれがあります。

そこで特殊部隊は「KOLOKOL-1」というガスを利用して過激派を昏倒させ、混乱の最中で制圧することに成功しました。

この突入によって過激派42名全員と人質129名、合計171名が死亡し、700名以上が負傷しています。

ロシアの当局は利用したガスは非致死性のものであり、昏倒した隙に射殺したとしていますがガスの性質は明らかになっていません。

 

2位:ティサウグの毒殺者(推定およそ300人)

引用元:https://medium.com/

ティサウグの毒殺者はハンガリーのナジレヴという村を中心に、1914年から1929年までの15年で、推定300名もの人を殺したとされる殺人集団です。

ナジレヴのエンジェルメーカーとも言われています。

当時、ハンガリーでは女性の結婚相手を両親が決め、拒否や離婚はできませんでした。

また第一次世界大戦の勃発によりハンガリー国内の男性はみな出征し、ナジレヴ近郊に連合軍の捕虜の収容所ができました。

その結果本来の夫を失ったナジレヴの女性が、市内でのみ行動を許された連合軍の捕虜と結ばれる事態が多発しました。

しかし女性たちの夫が戻ってくると再び権力を振るうようになります。

そこで女性たちは村の助産師であり、村唯一の医師であったファゼカシュ・ジュラニ・オラ・ジュジャンナに相談します。

そしてファゼカシュは家族問題に悩む女性たちに砒素を与え、夫を毒殺させました。

ファゼカシュはハエ取り紙を煮詰めることで砒素を抽出できることを知っていたのです。

当初は夫を殺害するだけでしたが殺害の対象は姑、隣人、家族とどんどん広がり、ナジレヴだけでなく近郊の村々でも毒殺事件が起きるようになります。

やがて女性たちは「ティサウグの毒殺者(ナジレヴのエンジェルメーカー)」という暗殺組織を作りました。

この組織は1929年、サボー夫人の毒殺が告発されたことで38名が逮捕されて終焉を迎えますが、首謀者であるファゼカシュは逮捕される前に自ら毒を呷っています。

 

1位:人民寺院(918人)

引用元:https://wrldrels.org/

人民寺院は、正式名称を「Peoples Temple of the Disciples of Christ(キリストの弟子たる人民の寺院)」という、1955年に創設されたキリスト教系のカルト宗教団体です。

創始者はジム・ジョーンズという元神父で、アメリカ合衆国インディアナ州インディアナポリスで創立しています。

ジョーンズはキリスト教徒であると共に社会主義に傾倒しており、両者を折衷させた宗教団体として人民寺院を組織しました(設立当初は「コミュニティ・ユナティ・チャーチ」という名称)。

教義としては人種などの差別を行わない平等主義や家族などの単位での生活を奨励する集団主義、更には無神論までもを取り込んだもので、宗教団体というよりは社会主義集団としての側面が色濃いものでした。

教団内は社会主義モデルを取り入れたことで、ジョーンズを頂点とした複雑な権力構造をしており、信者は知らず知らずのうちにマインドコントロールをされていました。

1974年には人民寺院は社会主義の楽園として「ピープルズ・テンプル・アグリカルチュラル・プロジェクト」、通称「ジョーンズタウン」を南アメリカのガイアナに建設します。

しかし次第に教団は告発などで追い詰められ、ジョーンズは1978年11月18日、900名以上の信者に『革命的自殺』としてシアン化物による集団自殺を指示しました。

この集団自殺での死者は918名に及び、そのうち276名が子どもや乳幼児だったと言われています。

918名という死者数は2001年の同時多発テロが起きるまで、アメリカの故殺の中で最大のものでした。

 

まとめ

今回は毒殺事件を被害者数別にランキングで紹介しました。

毒物は刃物などよりも簡単に多くの人間を手にかけることができるため、悪意や狂気などと結びつくことで容易に連続殺人・大量殺人を可能にしてしまいます。

特に男性よりも力の弱い女性や、薬物への知識に長け、入手経路の確保も簡単な医療従事者などによるものが目立ちます。

現代ではこうした事件を教訓に毒物の入手や製造が困難なようにはなっています。

しかしひとたび手に入ればこのようなケースで理不尽に命を落とす可能性があることには気をつけたほうがいいかもしれません。



-事件, 社会

Copyright© 雑学ミステリー , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.